不動産の売却、買替え

サンフランシスコ,ベイエリアの不動産を売却、買い替えたいと思われたら

お電話またはE-MAILでお問合せください。最良の条件で売れるように

マーケティングと査定し、早く売れるようにバイヤーをお探しいたします。

 

1.無料コンサルティング

最良の条件で売却するためにあらかじめいただいた情報をもとに、現在のマーケットを分析し

適正価格幅を算出します。 お客様に面談し売却予定物件を見学させていただき、立地条件、

眺め、設備、コンディションなどを考慮し、売却時期、修理箇所など適切なアドバイスをさせていただきます。

 

家を売り出すための準備とポイント

 

家を売り出すということは、自分の家でありながら商品ですので、まずお掃除が大事。

隅々をピカピカに磨いて、整理整頓し、すっきり見せることが大事です。

モデルルームのイメージで、見学に来るバイヤーが一目惚れして、買いたいと思うように準備しなければなりません。

 

キッチン

キッチンとバスルームはバイヤーにとって一番関心のあるところで、セールスポイントになります。 ピカピカに磨いて、水漏れなど無いかチェックしておきましょう。 カウンターに置くものは最小限にして、すっきりしておけばカウンターの広さがわかります。

 

バスルーム

リモデルされていればプラス。オリジナルでも、水漏れがないかどうかチェック、水垢を取り除き、曇りの無い鏡、隅々まで綺麗に掃除しておきましょう。

リビングルーム

普段飾ってある家族の写真、お子様の工作などプライベートなものは全てかたずけ、

シンプルでスペースがあるような配置に変えて、家具は少なめにしておきましょう。

ベッドルーム

ベッドカバーの色、壁の色合いに気をつけて、コーディネートしましょう。

クローゼットなども見られますので、綺麗に整理しておきましょう。

個人的なものは全て隠しておきましょう。

 

 

ビュー

家から見渡す景色で、購入を決定するバイヤーもいます。

眺めのいい景色がある家は景色を強調できるように、窓を綺麗に磨いておきましょう

屋根

屋根の耐久年数は昔のもので15年から20年、耐久年数間近でしたら、コストはかかりますが修理または張り替えておくと売値価格に反映します。屋根の年数のはバイヤーが興味を持って質問して来ます。

外装のペンキ

 

家探しで、一番に目に入るのが外側になるえくテリア。フロントヤード、ペンキ、屋根などバイヤーをウェルカムで迎える家は印象的だ、大体中も想像できます。 エクテリアがきれいでないだけで、中に入るのを躊躇してしまうバイヤーもいますので、エクテリアで第一印象が決まると言っても言い過ぎではありません。 外側のペンキの塗り替えも重要ポイントになって来ます。

玄関

フロントヤード、玄関の綺麗さはバイヤーの第一印象を与える場です。ここが綺麗でなければ中を見ないで素通りされてしまいます。 玄関ドア磨き、フロントヤードの手入れ、ガレージドアの修理などしておきましょう。

ガレージ

ガレージは物置となっている家もありますが、台数分の車が置けるということがわかるように綺麗に整理整頓しておきましょう。

 

 

バックヤードもバイヤーの印象を強く与える箇所ですので、落ち葉、庭のゴミなどは全て取り払いきれいにしておきましょう。

2.価格設定

売却時期、、リモデル、修理予定箇所などを踏まえたうえでコンプ(過去数ヶ月と現在売られている家の価格比較データー)を出して売却価格をご相談させていただき

決定いたします。

3.販売促進活動

価格決定、売却時期が決まれば物件をマーケットに売り出します。

インターネット、ローカル紙、オープンハウス、ブローカーツアーなどで積極的な

広告活動をいたします。

 

MLS(マルティプ ルリスティング サービス)

ベイエリアの不動産協会のコンピューター検索システム。エージェント、ブローカーらがこのシステムを

利用して懸案物件を検索できます。

 

Redfin,Yahoo,Realtor.com等インターネットの媒体に掲載 

ほとんどのバイヤーの方はインターネットを利用して物件を検索しています。MLSに掲載されいる情報と

同じものが掲載されますので、いち早くバイヤーの目にとまります。

 

Sport J, Vivi naviに掲載

ベイエリアの日本語フリーペパーはレストラン、スーパーなどで手軽に入手でき、目に付きやすい広告です。また日経のインターネットにも掲載されます。

 

ブローカーツアー

一般公開の前にブローカー、エージェントに物件紹介し顧客バイヤーに物件を紹介してもらう。

 

オープンハウス

週末、週日の夕方のオープンハウスで一般公開しバイヤーを集める

 

4.バイヤーからのオファー(入札)

バイヤーが気に入れば、バイヤーエージェントを通してオファーが入ります。複数オファーの場合もありますが

全てのオファーを報告し、最良の条件のオファーを選ぶアドバイスをいたします。

5.インスペクション

バイヤーがインスペクション(家屋調査)をしている間に、売主はシロアリの検査、家に関するDISCLOSUREと呼ばれる

報告書を作成してバイヤーに提出しなければなりませんので、これらの手続きをさせていただきます。

報告書を元にした懸案事項がなければ売主であるセラーはバイヤーのローン審査が承認されるのを待つだけです。

 

6書類にサイン

バイヤーのローン審査が終わり書類が揃えばタイトル会社で書類にサインして、名義変更の手続きが行われます

7.登記 決済

バイヤーから頭金と諸経費がタイトル会社に支払われ、バイヤーの融資金額がタイトル会社に送金が確認されると

登記され、決済金額の受け渡しが行われて完了します。