賃貸物件 · 20日 9月 2020
ワシントン州オリンピア市のアパートに 研修留学のお客様が入居されました。 コロナの状況下でのアパート探しは大変ですが、弊社でお手伝いさせていただきスムーズに入居となりました。

賃貸物件 · 29日 8月 2020
コロナのパンデミックの中、渡米するにも規制があり大手企業の方のリロケーション は一時中断していますが、個人では渡米される方もいらっしゃいます。

不動産ニュース · 14日 8月 2020
コロナ対策支援CARES ACTが期限切れになり、各州の約30%は強制立退になるという話も聞きますが、それに反して不動産は高値で売れています。 

Sold/Active 物件情報 · 04日 7月 2020
チャーミングで広々とした庭の戸建はガーデン好きな方のドリームハウスです。 3ベッドルーム、2バスルームの3LDKは平家で住み心地のいい間取りになっています。

不動産選び · 28日 6月 2020
宗教家でも占い師でも風水師でもないですが、不動産を長年扱っていると、家の気というのをどうしても感じ取ってしまいます。

不動産テック · 27日 6月 2020
コロナウィルスで外出制限がある中で、不動産は予想外に動いています。場所によってはコロナの外出禁止中に10%以上の価格で取引されている物件もあり、改めて、不動産はロケーションが重視ということを認識させられます。

不動産ニュース · 14日 6月 2020
働き方の変化で賃貸不動産マーケットに大きな変化が表れています。 レンタルサイトのZAMPERによりますと、家賃が昨年より下がったとレポートが発表されました。

カリフォルニア州 · 01日 5月 2020
4月28日からこれまで対象外だった、個人、自営業者、フリーランス、GIG WORKER(Uber Driverなど)に対しての失業保険がCOVID-19に限り申請できるようになりました。 詳しくはこの動画をご覧ください。 初めての人が多いので戸惑う事も多いと思います。Step by Stepで説明していますのでカリフォルニア州在住の方のお役に立てればと思い動画を作成しました。

不動産ニュース · 23日 3月 2020
アメリカの不動産は健在です。

不動産ニュース · 23日 3月 2020
COVID-19の威力はアメリカ全土にショックと威嚇を与えています。外出禁止令が出ている州も多く、在宅勤務、失業、休校、とりあえず余計な外出、人との接触を避けろという命令で、私たち不動産エージェントもこの命令に従うしかありません。その中でリタイアの年齢層の方は家を売却して、物価高のベイエリアから他州に移る、自国に帰国するという人も増えています。 では今家を売った方がいいのか?という質問ですが、答えは「イエス」です。確かに不動産のアクティビティは制限され、お客様との対面になるオープンハウス 、内見、アポの面談、その他の業種の人が物件に入ることはできません。三週間はできない事になっています。しかし、COVIDー19騒ぎが収まると、それ以上にマーケットは活発になると予想しています。 一つには金利が下がった事、市場に出ている物件が少ない事、本当に購買能力のあるバイヤーに限られてくるという事になります。経済後退の兆しはあるものの、マーケットに影響が出てくるのはもっと時間がかかるので9ヶ月から一年後の話になると予想しています。しかし住宅数の少ないベイエリアでは需要が高いので期待するほど下落はしないと見ています。 家を売るにしても今の外出禁止令のこの時期は売るための準備をするのにちょうどいい機会なので、家の整理、ペンキの塗り直しなどのDIYをしてみてはいかがでしょうか? 引っ越すとなるとかなりの不用品が出ますので、断捨離するのもいい時期です。 対面でご相談はできませんが、電話、Email, Face time, Lineなどでコンサルテーションをいたしますので、お気軽にご連絡くださいませ。 特に日本に帰国を考えられている方は早めに準備された方がいいのでぜひご相談くださいませ。

さらに表示する